骨盤矯正で、骨盤の「どこ」を矯正するのが正しい骨盤矯正なのかを説明します。

骨盤矯正とは、骨盤にある関節の歪みを矯正する施術のことを言います。

 

よく骨盤は「盤」という字から、一枚の盤状の「板」のように思われがちですが、骨盤には「仙腸関節」という関節が有るので一枚の板ではなく、ちゃんとした骨格です。

 

骨盤は1つの骨じゃなくて、幾つもの骨同士が仲良くやってる骨格なんです。

 

この骨盤の関節が長年の足組んだり、やめられない姿勢グセによりドンドンゆがんで、骨盤チェックに来られた時には、しっかりと方針を立てないとなと思う時があります。

 

その骨盤内の関節の歪みを矯正することが正しい骨盤矯正です。

 

また、この骨盤にある関節「仙腸関節」ボキボキ鳴らない関節です。

 

そして、ボキボキ鳴るのは「腰」なので、適切な骨盤矯正ではありません。

 

ちゃんとした骨盤矯正を受けたいなら、当院のような「仙腸関節」を矯正するのが正しい骨盤矯正であり、なおかつボキボキ鳴らさない骨盤矯正が正しい骨盤矯正ということです。

 

そもそも骨盤は、どうやって歪むのか?

体の中心部にあり、上半身と下半身を繋いで土台の役割の「骨盤」。

 

骨盤という体の土台部分の歪みを矯正して体をのゆがみを整える技術ですが、骨盤を含む背骨や股関節など、ゆがんでるエリア全体に効果を出すのが骨格矯正です。

 

骨盤を整えることで、姿勢が美しなり、痩せるだけでなく、腰痛や肩こり改善などの効果も期待できるので、骨盤や体のゆがみが気になるなら、お気軽に「骨盤矯正・ゆがみ分析」を受けに来て下さい。

 

しっかりと骨盤矯正した後で、状態に合わせた骨盤矯正に直結したアドバイスもさせて頂きます。

 

これからも、1人でも多くの骨盤を改善し、1人でも多くの女性のゆがみを矯正し、より良い骨盤矯正をお届けしていきます!