O脚矯正と骨盤矯正の関係性

女性にとってO脚は切実な問題です。

 

O脚の原因は様々ですが、O脚の一番大きな要因は「骨盤のゆがみ」です。

 

O脚は骨盤のゆがみを越えたゆがみであるため「骨盤矯正O脚を改善」という整体ではO脚は治りません。

 

確かに骨盤のゆがみを起点に脚がゆがんでO脚になるので、O脚の改善には骨盤矯正は有効です。

 

しかし、O脚は脚全体のゆがみであるため、骨盤矯正ではO脚の改善止まりです。

 

O脚を治すためには、絶対にO脚矯正が必要です。

 

あと、当院のO脚矯正には、脚を組んで歪んだ骨盤やO脚たけでなく、スポーツによりO脚になった女性も多く来られます。

 

「スポーツしてる人もO脚になるの?筋力の無い人がO脚になるんじゃないの?」と疑問に思われたかもしれませんね。

 

O脚になりやすいスポーツとして、一般的にはサイドステップの多い運動(バスケットボールやバレーボール、そしてテニスなど)を過去にやっていた女性に多いのもO脚の特徴です。

 

理由としては、サイドステップは脚の内側よりも外側の筋肉を発達させてしまうためO脚を発症する可能性か高く、コート内でのターンによる膝の捻れもO脚を増強します。

 

また、運動不足の若い女性も脚の内側の筋肉(内転勤)が弱く、外側に引っ張られ O脚になりやすいとも考えられています。

 

結局のところ、先天性O脚でない限り、O脚は脚の外側の筋力により外方向に引っ張られてO脚となる場合が多いです。

 

でないと、スポーツしてる人がO脚になってるのはおかしくなりますよね。

 

O脚をO脚矯正せずに長期間放置し続けてると、非常に高い確率で「変形性膝関節症」にまでO脚が変形します。

 

O脚が進行し、変形性膝関節症にまで重症化すると、膝が常に凄く痛いたけでなく、膝に水がたまるなど炎症を引き起こすまでO脚が進行します。

 

O脚矯正が有効な範囲を越えると病名や疾患名がついてしまい、手術しないといけなくなります。

 

人工関節に交換するとかは、よく耳にする事例ですよね。

 

O脚の脚は骨盤から生えているため骨盤から矯正するのがベストです。

 

骨盤矯正で骨盤のゆがみを整える事によって、脚のバランスも改善し、正しく脚を使えるようになり、O脚の改善には特に当院の骨盤矯正は相乗効果に役立ちます。

 

O脚だけとか骨盤だけなど単体でO脚を改善しようとするのではなく、O脚の原因となる骨盤と脚のゆがみを骨格や身体のバランスを整える事により根本的な改善が可能となります。