骨盤矯正と脚やせは相乗効果抜群の理由

骨盤のゆがみを根本的に改善することと、脚やせには深い関係があります。

 

よく、骨盤のバランスが悪くなると、血行やリンパの流れが悪くなると言われますが、なぜか分かりますか?

 

骨盤がゆがむと血行が悪くなり、冷え症を引き起こし、代謝が落ちてセルライト化しやすくなります。

 

骨盤矯正は、体のゆがみを改善して脚やせに導く代表テクニックです。

 

骨盤矯正に加え、脚やせ美脚テクニックも行うと、下半身太りが脚やせします。

 

当院の脚やせと骨盤矯正は非常に相性が良く、下半身のゆがみを改善することにより、脚やせしやすくなります。

 

当院の脚やせは下半身の捻れも改善すると血行が良くなるとセルライト予防だけでなく、末端冷え症にも効果的です。

 

しかし、骨盤の歪みがあると、下半身のむくみは流れません。

 

そして、歩き方や立ち方も悪くなるため、偏った筋肉の付き方になります。

 

骨盤が開くと、血行不良やリンパの流れも悪くなります。

 

だから骨盤矯正が必要なんです。

 

骨盤のゆがみにより筋肉や血管が圧迫されてしまうと、下半身への血液やリンパ液の循環が悪くなり、むくみが生じます。

 

また、骨盤の開きがあることで重心の位置が下がり、骨盤に負担がかかるので、むくみが生じやすくなります。

 

じゃあ、骨盤矯正と脚やせは、どっちが下半身太り改善に有効なのか?という質問になると、答えは「骨盤矯正と脚やせ施術どっちも受けるのがベス「」です。

 

骨盤矯正でむくみやセルライトの原因となるリンパの流れを改善する状態を作り、脚やせ美脚施術で下半身を細くキレイな美脚にします。

 

頑張っても、なかなか下半身が痩せない・むくみが改善されないなら、骨盤矯正で根本的に改善し、脚やせ施術で下半身を細くしましょう!