骨盤矯正で下半身太りを根本改善。

骨盤の歪みと下半身太りは、特に女性には大きな関係が有ります。

 

骨盤の歪みを放置して骨盤や骨格の動きが悪くなり、体のバランスが悪くなると、あちこちの筋肉が固くなって、リンパの流れが悪くなり、むくみんで血行が悪くなります。

 

そして骨盤矯正を受けずに骨盤の歪みや筋肉の固さが進行すると、血行が悪くなり、冷え症になります。

 

女性の冷え症は特に、骨盤のゆがみによる影響が大きいので、筋肉の冷えや代謝の悪化が原因でセルライトが出来てしまいます。

 

骨盤矯正しながら股関節の固さも改善すると、骨盤から骨格のゆがみや固さも一緒に改善するので、下半身のむくみ改善にも役立ちます。

 

骨盤矯正は、骨盤矯正だけで改善しようとするのではなく、骨盤を含む股関節や膝関節などの骨格のゆがみも一連で整えるとバランスも格段にアップします。

 

あと、むくみ改善に必要なのが筋肉運動の促進です。

 

筋肉には「ポンプ作用」というものが有ります。

この筋肉のポンプ作用がむくみを改善するための「リンパの流れ」を促進することにより、老廃物がドンドン流れて浄化してくれます。

 

しかし、骨盤の歪みや股関節などの関節の動きが悪く、いわゆる固い状態だと筋肉が動かないため、リンパの流れ作用が十分に発揮されません。

 

立ち方や座り方のクセも大きく影響します。

 

座ってる時ほど、無意識のうちに脚を組んだり、悪い座り方をしてしまう女性って多いですよね。

 

骨盤矯正をせずに、骨盤のゆがみはマッサージでは改善しません。

 

なぜなら骨盤を代表する骨格のゆがみは、筋肉のアプローチでは改善しません。骨格はマッサージでは動かないからです。

 

さらには、痩身マシンで筋肉やセルライト燃やそうとして、たとえ痩せたとしても骨盤のゆがみが整わない限り、リンパの流れやむくみが改善しないため、根本改善にはなりせん。

 

なので、痩せたいだけでなく、自分の骨盤や骨格のゆがみが気になるなら、骨盤矯正は人気の施術です。