骨盤矯正と骨格矯正の違い。骨盤矯正を有効的に使うことが大切。

骨盤矯正と骨「格」矯正。感じ4文字で見た感じ凄く似てるけど、どう違うのか?と思ったことありませんか?

 

骨盤矯正と骨格矯正の「違い」を分かりやすく説明すると、骨盤矯正は骨盤の歪みを矯正する施術です。実際に矯正するのは「骨盤のみ」 です。

 

これに対して「骨格矯正」は色んなパターンが有るんですが、骨格矯正の例としては、骨盤矯正をメインにして、骨盤矯正を含めて骨盤の歪みに関連してる所も全て矯正する手法です。

 

骨盤のゆがみや体の固さに対して骨格矯正するなら、一番有効なのは、骨盤矯正と股関節矯正です。

 

骨盤矯正や骨格矯正は、各整体によって色んな考えが有るようですが、当院では10万人越えの改善実績に基づき説明させて頂きます。 この説明を読み終えるとイメージがつかめますよ。

 

もともと人間は、ある動きや角度維持に対して、2つ以上の関節を使って行います。

 

姿勢にせよ動きにせよ、メインは骨盤になります。

 

骨盤が土台となって立ったり、座ったり、足を組んだり。

 

だから、変な座り方をしてる女性ほど、骨盤以外にも色んな関節を歪める可能性が高いので、骨盤矯正だけでは施術する場所が足りない人は多いです。

 

逆に言うと、骨盤しか歪んでない人も現実にいます。

 

骨盤矯正する前に実際に骨盤を起点として姿勢や可動域のチェックをすると、その場で骨盤や他の骨格のゆがみは分かります。

 

だからこそ、施術前の骨盤チェックや骨格チェックは重要ですよね。

 

「この人は骨盤矯正だけなのか?」「骨盤矯正プラスO脚も有るのか?」など、自分自身で知りたい方は、当院で簡単に骨盤矯正前にチェックで分かりますよ。

 

実際に毎月3ケタの実数の骨盤や骨格をチェックしてると、骨盤~股関節、そして脚全体が歪んでる女性が物凄く多いです。

 

そりゃそうです。

 

骨盤が歪んでる女性は、学生以上で95%と言われてるくらい、殆んどの女性は、骨盤がゆがんでます。

 

だから骨盤矯正は必要とされています。

 

先ほどの例で言うと、足を組んで歪むのは骨盤だけでなく、骨盤と「股関節~足首まで」全てを使って組むから、ゆがむのは骨盤と股関節~脚全体を見極めて骨盤矯正を検討します。

 

人間は、骨盤+脚全体を使って足を組みます。   これを毎日、繰り返すと骨盤だけでなく、骨格ごと歪んで⇒歪んだ骨格付近にあるリンパ節が詰まって流れなくなって、むくんで⇒下半身太りになるんです。

 

◆だいたいのイメージ分かって頂けましたか?

 

実際に根本的に改善するためには、骨盤矯正と一番ゆがんでる骨格と「骨盤のゆがみに関係している部位」を全て矯正するのが最も速く効果を実感できます。

 

骨盤以外に歪んでる人には骨盤矯正+骨格矯正が効果的で、骨盤しか歪んでない女性には骨盤矯正のみでOK。

 

だから、骨盤矯正いろいろ行ったのに「改善しなかった」という人は、矯正して整えるべきは骨盤矯正以外の場所にあるってことです。

 

だってね、骨盤のゆがみが原因で骨盤矯正してもO脚があったら骨盤矯正とO脚矯正は別もののテクニックですからね。

 

だから当院は、骨盤矯正だけやってるわけじゃないので「少ない回数で」根本改善が人気なんです。

 

もしも、あなたが骨盤矯正を受けたい!骨盤矯正を中心に改善が必要な骨格エリアは、骨盤矯正と併せて根本的に改善させたいなら、骨盤矯正が専門で骨盤を含む骨盤エリアの改善も専門で人気の当院へ御依頼くださいませ。